« 当方開発のスライド手帳、総選挙で第三位になりました | トップページ | 音声合成ソフトウェア »

2013/01/29

実抜計画が創業計画に類似しているところ

企業の再生に必ず必要な実現可能な抜本的経営改善計画、実抜計画。ごく個人的で当たってもいないと思いますが、似ているところと全く異なるところがあるなと。

■似ているところ

売上を厳しく見るところ
費用を削減するところ


■似ていないところ

しがらみがある、なし
ゼロからか、マイナスからか


ほかにもあるでしょうけど、二個ずつで。

創業時には夢を描いていたりして、取らぬ狸の皮算用になっていることもあります。しかし、そんなに簡単ではありません。だから、売上は厳し目にみるべきです。実抜計画もそこは同じかなと。実現可能性を考えたとき、やはり膨らませてはいけませんから。

コストは創業当初のリスクを見るため、抑え気味に計画したいところですが、なかなかこれもできない。計画は少し大きくなっても実際がそれを越えないようにするのが大切。実抜もそこは似ている気がします。

でも、どちらも大切なのは、実はモニタリング。計画は描いたら終わりではないです。それをモニタリングして、計画との乖離をみながら進めることが大切ですよね。

« 当方開発のスライド手帳、総選挙で第三位になりました | トップページ | 音声合成ソフトウェア »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/56649975

この記事へのトラックバック一覧です: 実抜計画が創業計画に類似しているところ:

« 当方開発のスライド手帳、総選挙で第三位になりました | トップページ | 音声合成ソフトウェア »

最近のトラックバック