« 先週の土日、手帳総選挙がありました | トップページ | プロパンガスの営業対策 »

2012/11/30

空気力学をしらないと模型飛行機は作れない

タイトルは、日経産業新聞に掲載されていた東大名誉教授 和田先生の一部を引用したものです。

そんなバカなと思いますが、同じようなことを私たちは普段、言っているのかもしれません。

先生によれば、教育というものは、私の解釈では、

体験を通じて、何かの存在を知り、それを驚き、学び、新しい世界を知る

ことが大切とおっしゃっているのではないかと。

航空力学を知らなくても、私たちは紙飛行機を作って飛ばし、その飛んだ姿に驚き、なぜそれが飛ぶのかの不思議を学び、紙飛行機を改良していく。時には、体験を通じて改良点を知り、それを逆に体系化して、新たな学びを得ます。

もし、この体験なしに、まず、学べということだけから始まるとすれば、その後の応用は効かないし、自分で学ぶこともやめてしまうでしょう。

私は子供や後進の人たちの教育機会を奪っていないか、考え直してみます。

« 先週の土日、手帳総選挙がありました | トップページ | プロパンガスの営業対策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/56220655

この記事へのトラックバック一覧です: 空気力学をしらないと模型飛行機は作れない:

« 先週の土日、手帳総選挙がありました | トップページ | プロパンガスの営業対策 »

最近のトラックバック