« 研修のアンケートで書かれること | トップページ | 要求定義とTDD »

2012/11/07

アジャイル関連の本を読むと思うこと

ある方に紹介されて、アジャイルサムライという本を読んでいる。このアジャイルサムライという本以外でも、アジャイル関連の本を読むと思うことがある。それは職場の活性化についてある。


ライトウェイト開発、そんなふうに呼ばれるアジャイル方法はドキュメントはあまり作らないという特徴などが注目されているが、私はそれ以上にコミュニケーションを重視するという徴を注目したい。それは開発者同士だけでなく顧客と開発者の間のコミュニケーションについても同様である。

オンサイト顧客と言う名前で顧客が常に現場にいる言うことを重要なプラクティスとしているアジャイル開発であるが、ペアプログラミングなどの開発者同士のコミュニケーションも重要視している。またスクラムなどはスタンド付ミーティングなどを積極的にコミュニケーションをとるようなトラクティスが入っていて、コミュニケーションロスを防ぐ重要な対策になっていると思う。

その意味でこのアジャイル開発のプラクティスは、実は一般の職場でも使えるような職場活性化につながる対策になっているのではないかという風に感じることがある。 IT業界に身を置いている人たちからすると、アジャイルというこの方法はすごく別な方法なのかもしれないが、いわゆる朝礼などを行っている一般的な職場では当然と思われるようなプラクティスが入っているかもしれない。

アジャイル関連の本を読むと時々そんなふうに思えてくる。

« 研修のアンケートで書かれること | トップページ | 要求定義とTDD »

要求定義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/56060232

この記事へのトラックバック一覧です: アジャイル関連の本を読むと思うこと:

« 研修のアンケートで書かれること | トップページ | 要求定義とTDD »

最近のトラックバック