« アナログ手帳の行く先はデジタルか? | トップページ | 就活学生の半分が公務員になりたかった? »

2012/06/02

ReRAMが次のメモリなのか?

Panasonicが開発したReRAM、高速のようです。
http://m.pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120223_514058.html

もともと、ReRAMは不揮発性で、DRAM並に高速読み出しといううたい文句でした。が、書き込みはさほど速くなかったようです。ここに来て、書き込みスピードもあげて来たようです。

こうなると、量産価格が下がり、いわゆるSSDの要素部品になったりすると、より高速になるだけでなく、消費電力も少なくなります。パソコンがもっと軽くなる可能性があると感じます。

なぜなら、消費電力が下がれば、重さの原因である電池が小さくて済みますからね。電池の大容量化と併せて、ぜひ進めて欲しい。

« アナログ手帳の行く先はデジタルか? | トップページ | 就活学生の半分が公務員になりたかった? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/54857972

この記事へのトラックバック一覧です: ReRAMが次のメモリなのか?:

« アナログ手帳の行く先はデジタルか? | トップページ | 就活学生の半分が公務員になりたかった? »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ