« ホンダ、NSX復活なの?そして、トヨタとスバル | トップページ | ウルトラブックのフォーマット »

2012/03/27

本を読むと感じること

新しい本を読むと、気づかされることがある。今回もそうだった。



今回読んだ本は、ある街づくりの関連本。
気づかされたことは 次の通り。

第一に、私には努力が足りないということ。本当にその街を知りたければ長い時間をかけて、 きちんとフィールドワークをするべきだ。私にはその努力が足りない。確かに、生活のためにお金が必要だから、そればかりはやっていられないけど、それでも努力はできる。

第二に、いずれ自分はいなくなるなら、その時に困らない仕組みを残すべきであること。これは以前から気づいていて、 ものと仕組みを残そうと頑張っているが、まだまだだな。

第三に、やはり、成果を出すことが大切だということ。成果が次の行動を促す。

他にも、いつも感じていることを改めて感じたが、情けないものばかり。頑張って行きたい。

« ホンダ、NSX復活なの?そして、トヨタとスバル | トップページ | ウルトラブックのフォーマット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/54320807

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読むと感じること:

« ホンダ、NSX復活なの?そして、トヨタとスバル | トップページ | ウルトラブックのフォーマット »

最近のトラックバック