« 鹿児島に清酒蔵ができるそうです | トップページ | 家の耐震診断 »

2012/02/01

SEという職種は岐路か?

システムエンジニアという職種、定義が曖昧だといえば、そうなのですが、仮にいわゆるシステム開発を任せる人ということでいうと、岐路かもしれません。

クラウドコンピューティングによって、SEに求められる技術スキルは変わって行っていると言われます。それはクラウド特有の技術があること、そしてより上流から顧客に入り込んで行く必要があるからでしょう。

そうはいっても、実は今のところまだ変わらない部分もあります。それは、「要求定義」や「要件定義」と呼ばれている部分。

クラウドになろうがそうでなかろうが、利用者やその他の利害関係者が何をしたいのかということを考える部分です。これは、技術に依存しないから、大きくは変化していないということでしょう。

ただ、もし、万一、すべてのスクラッチ開発、オンプレミスがなくなったとしたら、要求定義の形も見直すことになるかもしれません。

その時は、かなり大きな波が来そう。要求という存在自体を見直すことことになったりするのかもしれません。

« 鹿児島に清酒蔵ができるそうです | トップページ | 家の耐震診断 »

技術・スキル・ノウハウ」カテゴリの記事

要求定義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/53874305

この記事へのトラックバック一覧です: SEという職種は岐路か?:

« 鹿児島に清酒蔵ができるそうです | トップページ | 家の耐震診断 »

最近のトラックバック