« 金融機関に対する金融庁の姿勢のひとつ | トップページ | 概念を覆す理論、つながりが少ない方が重要 »

2012/02/20

電子化サービス、カイバー

以前、名刺をデジタル化してくれるサービスの話をしたと思う。リンクを追っていないがf^_^;)

それ以外に、紙をスキャンするとやはりデジタル化して返してくれるものがあった。紙を買うことで、そのサービス料金を支払うというモデルだったと記憶している。

先日、このKYBERという名のサービスを新聞でみた。

ざっと見たところ、

名刺を撮影するモデル
ノートを買うモデル
コクヨのキャミアップと連携するモデル

などがあった。新聞に掲載されていたのは、その進化版で、傾向ペンを買うモデルだ。傾向ペンで塗ったところだけがデジタル化される。
面白い。

個人的には、文具と連携しているところにすごい嬉しさを感じるが、それは実用とは違う。

名刺の入力は100件で1200円と安い気がするが、これ以上安いものもあるのか?また、認識率はどの位か?この辺は気になるところ。

また、診断士としてはビジネスモデルにも注目している。バックの人間の仕組みには特に(^-^)/


« 金融機関に対する金融庁の姿勢のひとつ | トップページ | 概念を覆す理論、つながりが少ない方が重要 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

製品・サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/54029557

この記事へのトラックバック一覧です: 電子化サービス、カイバー:

« 金融機関に対する金融庁の姿勢のひとつ | トップページ | 概念を覆す理論、つながりが少ない方が重要 »

最近のトラックバック