« パブリッククラウドを占有できるサービス | トップページ | 司令塔の重要性と司令塔の交代 »

2011/12/26

会社を思う気持ちは同じ

経営者とその参謀は、会社をよくしようと考えているもの。ダメにしようとなんて思っていない。でも、その方法論が違うとぶつかってしまうこともある。

最終的なベクトルは同じだが、行き方が違うと言ったらいいのか。

中小企業の場合は、そういう対立が致命的になることもありそうだ。

コンサルタントとしては、こういう舵取りは感情的になっているケースもあるので、難しいこともあると感じる。お互いの主張を尊重しつつ、落としどころがあるか、そして、それがその会社のためになるか、同時に考えなければいけない。

その後で、短期的な効果、長期的な効果、いずれをも追う必要がある。

こちらが、諦めてはいけない。実現されるまで、複数の方法論を進めながら、効果を出し、続けることがいる。

今回はかなり抽象的でした。

« パブリッククラウドを占有できるサービス | トップページ | 司令塔の重要性と司令塔の交代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/53576005

この記事へのトラックバック一覧です: 会社を思う気持ちは同じ:

« パブリッククラウドを占有できるサービス | トップページ | 司令塔の重要性と司令塔の交代 »

最近のトラックバック