« RFPによるコンペで信頼は失われるのか | トップページ | ウィルコムのイエデンワ、いいえ電話 »

2011/12/12

AKB48とGoogle+で流れは変わるのか

先週、日経産業新聞に

AKB48とGoogle+

の連携が発表された。要は、AKB48のメンバー他260名がGoogle+を使って発信するというものだ。

さあ、これでGoogle+の流れは変わるのか。ちょっと考えてみよう。

AKB48のファンはどんな人たちだろうか。その人達は、SNSを普段から使っているだろうか。使っていなくてもAKBがそちらに乗り換えれば、彼らも移っていくだろうか。たぶん移っていきそうだ。

では、これまでAKBのファンだったが、SNSをやっていなかった人たちはどうだろうか。初めてGoogle+に触れ、そこへ入り込んでいくだろうか。可能性はある。Facebookやmixiに目もくれなかった人がGoogle+へ。少しハードルが高いか。

AKBのファンでもない人はどうだろうか。確かにマスコミに取り上げられることで、Google+の存在を知った人が増えたことは間違いなさそうだ。でも、それだけでSNSを始めるきっかけにはなりにくそう。ましてや、Google信者なら、既に使っているだろうから、あまり影響がない。

結果、存在を知らしめることになるものの、Facebookからの乗り換え等が大量に起こって、勢力地図を大きく変えるということは、すぐには起こらないと考える。もし、Google+に新しい何か差別性のある、そして乗り換える価値を感じる機能が入ったとしたら、そこはまた再考しよう。

« RFPによるコンペで信頼は失われるのか | トップページ | ウィルコムのイエデンワ、いいえ電話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/53463836

この記事へのトラックバック一覧です: AKB48とGoogle+で流れは変わるのか:

« RFPによるコンペで信頼は失われるのか | トップページ | ウィルコムのイエデンワ、いいえ電話 »

最近のトラックバック