« 国がやるネットでの攻撃 | トップページ | ピアノゾンビというバンド »

2011/08/05

高橋慶彦ロッテ二軍監督の記事

日経産業新聞に元広島東洋カープの快足、高橋慶彦ロッテ二軍監督の記事が載っていた。選手の育成方法に関して、書いてあるのだが、その中に気になる部分があった。

その部分は高橋監督のことではなく、彼が育てた岡田という育成枠から上がって来た選手の話だ。

「2年だけプロでやらせてくれ」

と奥様に言ったそうだ。なんか、どこかで聞いた気がした。当たり前だ。私も妻と両親に似たことを言った。

「3年だけやらせてみてくれ。だめなら再就職するから」

と言って、はや8年が過ぎた。
今でも、これが良かったのか?と自分に問うことがあるけれども、それでも走り続けているのは、やはり家族とお客様がいらっしゃるからだ。

あらためて、妻と子供たち、そして私を支えてくれる全ての人たちに感謝。

電車の中で、記事を読んで少しウルっとしてしまった。

« 国がやるネットでの攻撃 | トップページ | ピアノゾンビというバンド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/52395395

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋慶彦ロッテ二軍監督の記事:

« 国がやるネットでの攻撃 | トップページ | ピアノゾンビというバンド »

最近のトラックバック