« 今日から本格的に執筆を開始します。 | トップページ | 日本の文化や商品が世界に広がっているテレビ番組を見た »

2011/01/03

サンキュードラッグの「潜在需要発掘研究会」に興味津々

日経情報ストラテジーの事例で見たサンキュードラッグという会社の「潜在需要発掘研究会」に興味を持ちました。POSデータを利用して、何が売れているのかなどを見るのは当然として、この研究会では仮説を立て、店頭で実際に実験するようです。

取引先である「仕入先」と協力して共存共栄を狙っていると思われます。2ヶ月ほどと少々、時間がかかりますが、共同販促などを考えた時、必要な時間なのかもしれません。

これを中小企業に応用できるでしょうか。大掛かりなPOSシステムによる分析は難しいでしょうが、仕入先などとの販売促進や隣店との協力はできるのではないでしょうか。

それもPOSデータなどで分析したりする代わりに、スピードを上げて、サイクルを高速に回してはどうでしょうか。名付けて「高速回転需要発見研究会」でいかがでしょうか。

« 今日から本格的に執筆を開始します。 | トップページ | 日本の文化や商品が世界に広がっているテレビ番組を見た »

中小企業診断士」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/50477241

この記事へのトラックバック一覧です: サンキュードラッグの「潜在需要発掘研究会」に興味津々:

« 今日から本格的に執筆を開始します。 | トップページ | 日本の文化や商品が世界に広がっているテレビ番組を見た »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ