« 旅先でニュースレターを書くことになりました | トップページ | ペンホルダーを買ってみた »

2010/12/01

モデリングは難しい

情報システム、特に、業務用アプリケーションソフトウェアを開発する際、パッケージソフトウェアなどでない限り、モデリングをすることがほとんどでしょう。モデリングをしないということがあるのであれば、それは結構な確率でトラブルが発生しているのではないかと推察します。

このモデリングという手法には、さまざまなやり方があるため、何を学んだらいいのかという悩みを持つこともありますが、個人的には古典的なものをしっかりと学んで、それを元にしてほかの新しい手法に臨んでいくのが良いと思います。

古典的なものというのは、DFDやERD、DMMやHIPOといったものです。フローチャートもいいかもしれません。

新しい手法であるUMLやBPMNなどをいきなり学ぶのも良いとは思いますが、なかなか難しいですから、基本となるものをしっかりとやった後に、行くのがいいのかなと思います。

と言いながら、実は、DFDやERD、DMMといった手法をしっかりできるようになれば、あまり他の手法を使わなくても十分にモデル化ができたりします。UMLやBPMNなどを使うことによるメリットも否定しませんが、モデリングという部分だけで考えれば、という意味ではDFDなどでも十分ということです。

とはいえ、モデリングはいずれにしても難しい。今でも悩んでばかりです。

« 旅先でニュースレターを書くことになりました | トップページ | ペンホルダーを買ってみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術・スキル・ノウハウ」カテゴリの記事

要求定義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/50183778

この記事へのトラックバック一覧です: モデリングは難しい:

« 旅先でニュースレターを書くことになりました | トップページ | ペンホルダーを買ってみた »

最近のトラックバック