« 中小企業の情報化事例を聞いて来た | トップページ | 経営理念に基づいた事業運営は気づかないうちにできていなくなっている »

2010/12/13

失敗したけど、うまく行った場合の考え方

娘が一輪車の関東大会に出て、団体で演技した。たくさん練習してきて、その成果を見せる場だったのだが、いつもうまく行くところで失敗したり、落車したりして、はたからみてもこれはまずいと思えた。

しかし、表彰の発表を聞いたら5位入賞。結果オーライになってしまった。

こういう時、子供はどう思うのだろうか。変な風に理解していないか、明日、子供に確認してみよう。

これは企業経営でも同じことが言えそう。

« 中小企業の情報化事例を聞いて来た | トップページ | 経営理念に基づいた事業運営は気づかないうちにできていなくなっている »

中小企業診断士」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/50287984

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗したけど、うまく行った場合の考え方:

« 中小企業の情報化事例を聞いて来た | トップページ | 経営理念に基づいた事業運営は気づかないうちにできていなくなっている »

最近のトラックバック