« 商店街育成ゲーム?集客に役立つ? | トップページ | 中小企業診断士を私が目指したきっかけ(1) »

2010/07/13

人と出会うということは、私にとっては凹む材料

経営革新の女王ティアラさんにお会いしました。
人に会うということは、僕にとって凹む材料です。
なぜなら、出会う人たちから刺激をもらうから。

昨日会った、チームキャンバスの小野さんもそう。
いつも刺激をくれる遠田さんもそう。
若くして独立している水野さん(HAUさんだけTwitterでごめんね)もそう。

私は人に会うことが実はおっくうだったりすることがあります。これは性格だろうと思います。人が嫌いなわけではないのですが、新しい場所、新しい人との付き合い方とか、行き方とかに過剰な緊張感を持ってしまうからです。

で、加えて、その刺激のある人たちに会うことによって、自分の情けなさや足りなさ、その人達との違い、自分がいかにいい加減に過ごしているかという反省などを感じてしまいます。結果、凹むと。

小さな凹みの場合には良いのですが、大きな凹みの場合には立ち直るのに時間がかかります。ただ、立ち直ったとき、何かを得ていたいという気持ちも心の隅に置かれています。前向きな性格では全くないのですが、その代わりどこかに負けたくないという心もあるのかもしれません。

いずれにしても、昨日思ったのは、

「自分がおっくうだと思う、新しい人たちとの出会いは凹むにしても必要そうだ」

ということです。

昨日出会った方々に感謝すると共にティアラさんに習って、「僕もちょっと、自分史的なことを書いてみようか」なんて思っています。

« 商店街育成ゲーム?集客に役立つ? | トップページ | 中小企業診断士を私が目指したきっかけ(1) »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/48865096

この記事へのトラックバック一覧です: 人と出会うということは、私にとっては凹む材料:

« 商店街育成ゲーム?集客に役立つ? | トップページ | 中小企業診断士を私が目指したきっかけ(1) »

最近のトラックバック