« この夏は、スクラップブックを作る | トップページ | 上空、1万メートル以上から、30cm »

2010/07/22

中小企業診断士の受験勉強の過程(2) : 通信教育のテキストなど

中小企業診断士の受験勉強の過程(1) : 段ボールが届くの続き。

段ボールが届いたのが、ちょうど今ごろだったか、いや、8月に入ってすぐだったか、そのあたりだったと思う。早速、経営基本管理という科目から着手。今で言う「企業経営理論」である。

お盆休みにかなり頑張ってやった覚えがあるが、これはやはりスタートダッシュというところが強かったと思う。そうでなければ、はじめの勢いはついていなかっただろう。上司のおかげでもあろう。

日本マンパワーの通信教育のテキストは、

  • 基本テキスト
  • サブノート
  • 簡単な練習問題
  • 毎月出すテスト
が各科目用意されていた。私の時代は8教科あったので、毎月1教科ずつこなしていく感じである。

ちなみに、旧制度では、「商業」「工業」「情報(商業)」「情報(生産)」の4つに分かれていたが、私は工場に勤めていたので、「情報(生産)」を選択していた。

よくよく試験要綱を見てみると、情報処理技術者の試験をパスしていると、経営情報システムという科目は免除を受けることもできるとこの時点でやっと知った。しかし、せっかくだから全部受けてみようということで、免除は受けないことにした。その月は、きっと勉強も楽だろうと思ったし。

ということで、経営基本管理からはじめたのである。

続きはまた。

« この夏は、スクラップブックを作る | トップページ | 上空、1万メートル以上から、30cm »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/48912951

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業診断士の受験勉強の過程(2) : 通信教育のテキストなど:

» 中小企業診断士の受験勉強の過程(3) : 当初はスムーズに進む [Kaitsのスクラップ・ブロッグ(Scrap Blog)]
(このシリーズは、私が10年以上前に受験する際のエピソード集です) 中小企業診断 [続きを読む]

« この夏は、スクラップブックを作る | トップページ | 上空、1万メートル以上から、30cm »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ