« 人と出会うということは、私にとっては凹む材料 | トップページ | 中小企業診断士を私が目指したきっかけ(2) »

2010/07/13

中小企業診断士を私が目指したきっかけ(1)

女王ティアラさんの刺激を受けて、タイトルのようなことを書きはじめてみようと思います。まあ、いろいろなところでオフラインでは話したりしていることですので、私のことを知っている人にはつまらない話でしょうが、付き合ってやってください。

はじめは「中小企業診断士を目指したきっかけ」について何度か書いてみようかと思います。

元々、私は東芝という会社の社員です。大学を出た後、すぐに就職。バブルで何も考えなくても会社に入れた時代です。高校時代からコンピュータをさわっていて、大学でも成績優秀な部類(だったと信じている)でしたから、会社でもコンピュータなら負けないだろうと思っていました。

でも、入ってみれば当然のことながら、自分よりすごい人ばかり。大学なんて出なくても、バリバリにコンピュータ技術を持っている人がたくさんいるわけです。差を感じました。すぐにキャッチアップしていかなければと思いました。でも、無計画です(笑)

バブルの時代、何も考えずに、残業を重ね、飲み歩き、おもしろおかしく暮らしました。

4~5年経った頃には、設計もある程度できるようになって、下請の外注さんと対等に話せるようになりましたが、相手は中小企業の社長だったりするわけです。こっちは平なのに。そういう出会いが、僕を中小企業診断士の資格へ走らせた、ひとつめの要因だったと思います。

続きはまた。

« 人と出会うということは、私にとっては凹む材料 | トップページ | 中小企業診断士を私が目指したきっかけ(2) »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

私が知っているあた坊さんは診断士になられたあとなので、スターウォーズのエピソードシリーズを見ているみたいでおもしろいです。

## 安田さん コメント感謝です。ぜひ、周りの方々にもアピールください。診断士を目指している方、IT系で悩んでいる方、IT系ソフト会社の社長さん、いろいろな人にアピールしてください。

Twitterでツイットもお願いします(わがまま放題でした)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/48865329

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業診断士を私が目指したきっかけ(1):

» 中小企業診断士を私が目指したきっかけ(2) [Kaitsのスクラップ・ブロッグ(Scrap Blog)]
中小企業診断士を私が目指したきっかけ(1)に続いて。 会社に勤めていた頃、数人の [続きを読む]

« 人と出会うということは、私にとっては凹む材料 | トップページ | 中小企業診断士を私が目指したきっかけ(2) »

最近のトラックバック