« キーボードの購入迷ってます。 | トップページ | 人間の脳は課題を2つまでしかできないそうです »

2010/05/09

子供へのリーダーシップ論

いや、子供達でのリーダーシップ論の方が良いのかな。難しい。
子供達も学校やサークルなどでグループで行動し、グループで行動するからリーダーや班長といった人を自分たちの中から選ぶことになるわけです。そして、悩む。リーダーってどんな役割なんだろうかと。。。

大人も子供も同じだなと思いました。でも、子供達のグループでの大きな違いは「メンバーシップ」が醸成されていないこと(大人の中にも最近はアダルトチルドレンがいますけどね)。


リーダーに完全に依存してしまう子
リーダーに真っ向から反対して全くグループ活動に参加しない子
メンバーシップをわきまえている子

いろいろいます。でも、生まれたてのボランティア活動のグループと似て、強権的な部分は発揮できないケースが多いので、リーダーになった子は悩むことがあるようです。

強権的リーダーシップ、民主的リーダーシップ、サーバントリーダーシップなどいろいろありますが、子供達でのリーダーシップはどういったものが良いのでしょうかね。

« キーボードの購入迷ってます。 | トップページ | 人間の脳は課題を2つまでしかできないそうです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/48317412

この記事へのトラックバック一覧です: 子供へのリーダーシップ論:

« キーボードの購入迷ってます。 | トップページ | 人間の脳は課題を2つまでしかできないそうです »

最近のトラックバック