« FDDもとうとう、消えるようです | トップページ | 学級閉鎖で10連休 »

2009/09/13

社長が若いとITに積極投資する?

IDC Japanの国内中小企業のネットワーク機器投資調査結果を見た。積極的に投資しているのは、40歳台だそうで、43%が積極的らしい。

そのぐらいの年齢だと、二代目で会社を親父の時代から変えるぞ!という意気込みもあるのかもしれませんな。

面白いのはもうひとつの情報。

99人くらいまでの企業は、「ときどき訪問してご用聞きをして欲しい」と思っているとのこと(28%)。

意外と多くの小規模経営者がそうしたニーズを持っているみたいです。孤独なのかなぁ。きっとちょっとしたIT系の相談でも外部の人に情報を求めたり、意見を聞いてみたりするのでしょう。もう少しサイズが大きくなると、ご用聞きよりは新製品情報の提供などを求めているようですからね。

こういう調査を見ると、やはり小さな企業をきちんと相手にする総合的な情報関係コンサルタントというのは、少なからず必要なんではないかと自分の市場サイズを大きく見せたかったりします(^^;

« FDDもとうとう、消えるようです | トップページ | 学級閉鎖で10連休 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/46199081

この記事へのトラックバック一覧です: 社長が若いとITに積極投資する?:

« FDDもとうとう、消えるようです | トップページ | 学級閉鎖で10連休 »

最近のトラックバック