« 最後はこんなんでした>ゴーヤ完熟? | トップページ | 子供と一日を過ごす+競合がないということ »

2009/08/07

保証協会で否決された案件

詳細はもちろん、守秘義務の問題がありますので、お話しできませんが、保証協会で否決された創業者が再度相談にいらっしゃいました。ありがたいtことです。

私過去、経験がないのですが、人によっては「否決」=「あっせんしたやつが悪い」と考えて、クレームを行ってくる方がいらっしゃるそうですから、今回はありがたい部類です。

いくつか問題は考えられます。

  • 資本金が少ない
  • ビジネスモデルが理解されなかった
  • ビジネスモデルと売上の関係をしっかり説明できなかった
  • 使途があいまいだった
  • 開業後1年近く経っているのに売上が上がっていなかった
等が考えられます。

実際、それぞれには意味や理由があったりするのですが、その1つひとつを説明して、理解してもらうには時間がかかるだろうと思います。なかなか難しいです。

減額は覚悟していましたが、否決されるとは思いませんでした。私もまだまだ修行が足りないようです。

« 最後はこんなんでした>ゴーヤ完熟? | トップページ | 子供と一日を過ごす+競合がないということ »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

私が経験した案件では一言、「現在の借入が多すぎる」というものがありました。そんなことは申請する前に百も承知で、民間の金融機関からはすべて断られた後のことでした。民業を補完するのが政府系でしょとも思いましたけどね。

>bourbonさん
政府系は、税金を使って融資しています。
政府系だから貸せって態度は通用しません。
借入が多いのは分かっているなら、返済できる方策を説明しないといけないと思います。

>Kaitsさん
創業融資は相当甘い審査です。
その中でも否決されると言うのは、準備不足の一言に尽きるのではないでしょうか。
または、資本金が見せ金である可能性等もあると思います。

##nakamura様 私が存じ上げているnakamura様かわかりませんが、コメント感謝です。ご指摘の通りだと思います。ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/45861184

この記事へのトラックバック一覧です: 保証協会で否決された案件:

« 最後はこんなんでした>ゴーヤ完熟? | トップページ | 子供と一日を過ごす+競合がないということ »

最近のトラックバック