« ビジネスフォレストという会報誌に書籍が紹介されました | トップページ | 周回遅れでしょうが、グーグルのクロームOS »

2009/07/11

改めて企業の社会的責任を考えた

日経産業新聞の最終面にいつも出ているコラム「眼光紙背」。ときどき、おいおいと思うこともあるのですが、「いいなぁ」と思うこともあります。ま、コラムというものはそういうものだと思っているので、それはいいのですが、今回のコラムは改めて、企業の社会的責任について考えさせられました。

コクヨの話でした。

中国の貧困地域からコクヨの中国支社とも言える企業が「ノートを寄付して欲しい」という要請を受けたそうです。

その支社長が工場幹部に「10万冊を中国に送って欲しい」と頼んだら、理由と効果を質問された。その回答は。。。

「効果はこども達の素晴らしい笑顔」

だったそうです。この回答なら、即決ですね。

私にはこれほどの財力はもちろんありませんが、学校に何か寄付をしようかと思い直しました。日本の学校では、不足しているものはそうないかもしれませんが、ちょっと考えてみようと思いました。法人にもなったことだし。。。

« ビジネスフォレストという会報誌に書籍が紹介されました | トップページ | 周回遅れでしょうが、グーグルのクロームOS »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/45596491

この記事へのトラックバック一覧です: 改めて企業の社会的責任を考えた:

« ビジネスフォレストという会報誌に書籍が紹介されました | トップページ | 周回遅れでしょうが、グーグルのクロームOS »

最近のトラックバック