« 総務省の情報通信基盤局の資料 | トップページ | 私に関連する2つの大型倒産 »

2008/11/05

ShapeWriterというユーザーインターフェース

ShapeWriterというユーザーインターフェースがあるそうだ。指を滑らすと、入力が出来るというものらしい。日本語はまだ対応していないそうだが、おもしろそうではある。いわゆるソフトウェアキーボードなどよりはずっと良さそうであるが、結局のところ、キーボードが前提になっている点では同じである。

日本語を入力するときはどうなるのかな。ローマ字? むしろ、カナの方が良さそうにも思う。加えて、日本のケータイで得意な予測変換などが加われば、良さそうではある。iPodで動くようだが、Windows用もあるみたいだ。でも、うちの画面はタッチパネルじゃないので、使わないのだ(^^)

« 総務省の情報通信基盤局の資料 | トップページ | 私に関連する2つの大型倒産 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/42983030

この記事へのトラックバック一覧です: ShapeWriterというユーザーインターフェース:

« 総務省の情報通信基盤局の資料 | トップページ | 私に関連する2つの大型倒産 »

最近のトラックバック