« 日本経済新聞の首都圏版に中小企業診断士の記事 | トップページ | Sunは大丈夫か »

2008/11/20

便利なことか、それとも悲しい現実か

最後のパソコン通信世代の私としては、インターネットで失われたものや得られたものがあるなぁと感じますが、この「毎日かあさんち」というbbsは、パソコン通信時代のやり取りの一端を感じる。ただ、違うのは完全に相手が誰かが見えないことだ。

相談する側には便利である。自分の身分を明かさずに相談できる(ただし、相談時に毎日新聞に個人情報を提供する必要はある)。そして、回答する方も一種便利である。やはりこちらも身分を明かさないでよいから、自由に回答できる。パソコン通信時代のやり取りは少々違った。

これは便利になったというべきか。悲しい現実か。

絵を提供する西原理恵子氏は、なかなか面白い人らしいが(実際に会ったことがないからわからない)、僕自身は彼女のマンガは、さほど好きではない(すみません)。それはおいておいても、いろいろな情報が掲載されていて、まさにCGMの様相を呈しているのは、なかなか良いと思う。

« 日本経済新聞の首都圏版に中小企業診断士の記事 | トップページ | Sunは大丈夫か »

製品・サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/43128156

この記事へのトラックバック一覧です: 便利なことか、それとも悲しい現実か:

« 日本経済新聞の首都圏版に中小企業診断士の記事 | トップページ | Sunは大丈夫か »

最近のトラックバック