« B-1グランプリ! | トップページ | Operaのウィジェットって、魅力的? »

2008/11/10

興味深い検索エンジン対策調査

cnetに掲載されている「SEOで検索順に1位」はどこまで重要かは、なかなか興味深い。

確かに、検索の目的によって、ユーザーの行動が変わるというのは理解できる。自分自身もそういう傾向があるようにも感じる。これをビジネス面から見るとどうか。中小企業がどのように検索エンジン対策後の行動を取るべきか。

まず、資源が少ない中小企業では、すべての検索目的に対応することはなかなか難しいだろう。結果、例えば、目的検索に対応しようとすると、上位進出が重要になってくる。一方、調査検索に対応しようとすると、デスクリプションが重要になる。どちらが楽かと言えば後者だが、それでは企業が目指す「儲かること」には比較的繋がりにくそうだ。

もちろん、調査目的で検索する人も、その先に購買を考えているケースはあるだろう。しかし、「○○とは」と検索エンジンに入れる人は、意外と購買に繋がらないケースの方が多いように思うのは私だけだろうか。むしろ、「○○ 販売」や「○○ ショップ」などの目的検索への対応が重要そうだ。

うーん、こうなるとバランスが悪い。中小企業がやりやすいのは調査検索対応のようだが、目的は達成されにくい。逆は負荷がかかりそう。キーワードの選択に労力をかけて、お金をかけないようにするしかないのか。

« B-1グランプリ! | トップページ | Operaのウィジェットって、魅力的? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おもしろい記事のご紹介ありがとうございます!
ちょうど今、IT経営革新塾でネット販促の講座をやっているので、早速ネタに使いますhappy02
ありがとう(^o^)

## まこさん 鵜呑みにするのは良くないとは思いますけどねぇ(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/43005487

この記事へのトラックバック一覧です: 興味深い検索エンジン対策調査:

« B-1グランプリ! | トップページ | Operaのウィジェットって、魅力的? »

最近のトラックバック