« 経営相談窓口、建設関係がかなり増えています | トップページ | セーフティネット、5号認定を受けるメリット »

2008/11/29

経営の小さなこつをひとつだけでも持って帰ってもらいたい

中小企業診断士として、経営相談窓口に座っていると、タイトルのようなことを考えることがあります。区役所の経営相談窓口には、数多くの経営者、またはその奥さん、経理担当者などがいらっしゃいますが、ほとんどが融資の相談です。

そうはいっても、ただ融資相談を受けているだけではなく、「この数字見てもよくわからない」とか、「売上をもっと上げたいけどどうしたらいいか」などいろいろな一種愚痴が飛び出してくることがあります。中小企業診断士としては、こうしたとき、「小さなひとつだけのこつでいいから持って帰ってもらいたいな」と思います。

ごく簡単な計算式でいいから、覚えていって欲しい。例えば、損益分岐点が大体どの辺に来るのかとか、とんとんになる売上高が大体どの辺に位置しているのかとか、、、

ほんの1つだけ、こつを持って帰ってください。

« 経営相談窓口、建設関係がかなり増えています | トップページ | セーフティネット、5号認定を受けるメリット »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/43247271

この記事へのトラックバック一覧です: 経営の小さなこつをひとつだけでも持って帰ってもらいたい:

« 経営相談窓口、建設関係がかなり増えています | トップページ | セーフティネット、5号認定を受けるメリット »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ