« だまされる人が悪いなんて許せない | トップページ | 情報基盤強化税制の延長 »

2008/02/10

独自の契約形態を考えています

Fukushi今後、新しく契約する方、または更新してもらうクライアントに対して、新しい契約形態を考えています。それは、

契約金額の一部を教育や福祉等の関連施設等に寄付するという条項を入れた契約
です。僕にも生活がありますから、過大なパーセンテージを設定するつもりはありませんし、一方で、値上げを要求することも考えていません。が、サラリーマン時代には考えていなかったようなことをきちんとやりたいという気持ちがあり、こんなことを考えています。

私自身、独立後、毎年売上の1%を目処に、ユニセフ、子供が通う幼稚園、知り合いの養護施設などに少しだけ寄付をしてきました。縁あって、私のクライアントになって下さった方々にもそうした気持ちを知って欲しいと思うし、協力してもらえれば、それに越したことはないと勝手に考えています。

余計なお世話だといわれれば、それまでなのですが、試行してみようと思います。

« だまされる人が悪いなんて許せない | トップページ | 情報基盤強化税制の延長 »

製品・サービス」カテゴリの記事

コメント

どもども、遠田幹雄です。

kaitsさんの志がカタチとしてあらわれているすてきな契約形態ですね。

このように気持ち良く支払えるしくみと文化の醸成がほしいものです。
ちなみに税金もこのように気持ち良く支払いたいものです。

ところで
kaitsさんのブログから遠田ブログの紹介リンクですが
http://www.tohdamikio.com/
に変更願えませんか?
現在は
http://domodomo.cocolog-nifty.com/tohda/
になっています。
間違いではないのですが
一部のRSSなどではURLが
http://www.tohdamikio.com/
でないとうまく作動しないなどの影響があるようですので。
おてすきのときにでもおねがいします。

## 遠田さん コメント感謝です。リンク修正します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/40052748

この記事へのトラックバック一覧です: 独自の契約形態を考えています:

« だまされる人が悪いなんて許せない | トップページ | 情報基盤強化税制の延長 »

最近のトラックバック