« 富山市の中心市街地(5):市電をはさんだ先の商店街は | トップページ | 学習塾だらけのある県の駅前 »

2007/10/24

富山市の中心市街地(6):西武は閉まったまま

富山西武弊店のお知らせ商店街の片方の端には、総曲輪FERIOと富山大和がある。そして、東(だとおもう)の方へ行った先には、1年ほど前までは富山西武が“あった”。過去形である。今は閉まっていて、閉店のお知らせが貼り出してあるだけである。人の流れはここでぴたりと止まっている。隣の商店街には、この間書いたとおり、波及していない。

テレビでこの跡地についての活用は今後の課題だと言っていた。現場を見ると、まさにそう思える。形としては、ちょうど、FERIOが端になるとすれば、この西武の位置がもうひとつの端になるわけである。その間に専門店としての商店街の買回り品が位置すると良さそうなのだが、そのためにはデパートが扱うような商品を商店街が扱ったのでは意味がない。このあたりも課題となりそうである。

« 富山市の中心市街地(5):市電をはさんだ先の商店街は | トップページ | 学習塾だらけのある県の駅前 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/16763596

この記事へのトラックバック一覧です: 富山市の中心市街地(6):西武は閉まったまま:

« 富山市の中心市街地(5):市電をはさんだ先の商店街は | トップページ | 学習塾だらけのある県の駅前 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ