« 創業の想いと現実 | トップページ | うちの子もやり始めた »

2007/09/03

時間管理方法の工夫

毎度おなじみ、自分の時間管理方法の工夫をはじめた。最近、だらだらと過ごしているような感じがしたので、あらためて自分のスケジュール帳を眺めてみた。どうも負荷が見えない。

以前、10日単位で月を3つに分けて、かつ1日を3つに分けてやる方法をやっていましたが、昨年から26穴のスケジュール帳を使うようになりました。その後、これから後戻りできないように歯止めをかけるため、高価な革のバインダーをオーダーメイドで購入したことはブログに書いたとおりです。

で、最近はそのバインダに挟んでいる見開き1週間のスケジュールに朝5時から夜23時までの詳細なスケジュールを事細かに書き始めました。30分単位です。ToDoも全てそこに入るという感じです。向こう10日間書いてあります。さあ、このやり方、定着するかな。忙しくなると書かなくなってしまいそうだけど、忙しいからこそ、しっかり管理する必要があるとも言えますよね。

« 創業の想いと現実 | トップページ | うちの子もやり始めた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うーん、僕にはそこまでの管理はできそうにありません。
僕の場合は、バインダー式の手帳(バイブルサイズ)に、月ごとのスケジュール(ガントチャートみたいなもの)と1日単位のTODOリストを書き込んでいます。

ノートなどの仕事道具はこだわった高級品にするのは大賛成です。特に手帳・筆記具・名刺入れはこだわったモノを使った方がいいでしょうね。見る人は見てますから。「あ、こいつ100均のボールペン使ってる」なんて思われたらいやですもん。と言っても僕の手帳は本革ではなく合皮です(苦笑)。本革って2万円くらいするので買えない・・。

## JOJOさん コメント感謝です。仕事道具、こだわりを持ちたいですね。オーダーメイドのバインダは本革で本格的です。JOJOさんが買えない値段です(爆)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/16298512

この記事へのトラックバック一覧です: 時間管理方法の工夫:

« 創業の想いと現実 | トップページ | うちの子もやり始めた »

最近のトラックバック