« チャイナフリーにびっくり | トップページ | フードマイレージも面白い考え方だ »

2007/07/18

“ぎょしょく”は食生活を変えるか?

ぎょしょくという言葉がNHKでやっていた。日本人は魚を食べなくなっているそうだ。でもうちの子供は、結構、食べるけどなぁ。もちろん、マクロとミクロでは違いがあるのはわかってます。

どうもこのぎょしょくを推進している三重は、地元での消費がより減っていることに危機感を持っているような感じがした。“地産地消”が叫ばれて久しいが、海で周りを覆われている日本としては、ほとんどの県で魚が取れると思う。よって、どの県でもこのぎょしょくは活かせる可能性がある。

野菜なら、さいしょくかな。昔からある言葉だ。米も見直してもらいたいし、日本酒だって見直してもらいたい。日本にはたくさんの資源があるようだ。完全な自給自足までは難しいかもしれないけど。

« チャイナフリーにびっくり | トップページ | フードマイレージも面白い考え方だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

食糧自給率を上げるには魚食しかないと思います。あと、よく言われる40%という数字はカロリーベースであって、品目や量で言うと野菜は自給率が高いです。菜食にすれば生活習慣病も減り、医療費の削減にもなります。今年の中小企業政策の目玉、地域資源の活用に食は大事なテーマだと思います。

## bourbonさん 来ると思ってましたよ(^^) 地域資源の話、まさにおっしゃるとおりだと思います。さいしょくもぎょしょくに負けずに展開したいところです。

「ぎょしょく」を広辞苑で引くと、orzな感じになれます。(爆)

## ユージさん 毎度!がっくりか(^^) でもぎょは魚で、漁じゃないから(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/15785570

この記事へのトラックバック一覧です: “ぎょしょく”は食生活を変えるか?:

« チャイナフリーにびっくり | トップページ | フードマイレージも面白い考え方だ »

最近のトラックバック