« 新しく中小企業診断士になられた方に会うと思うこと | トップページ | W-ZERO3を私は捨ててしまうのか »

2007/05/14

次男の成長

久しぶりに、次男のサッカーを見てきました。といっても、まだまだ幼稚園。サッカーなどという代物ではありません。ですが、だいぶ、玉も蹴れるようになったし、コーチから

ずいぶん、動きが速くなったし、球への執着も出てきてますね

とほめられた。なんだか、自分がほめられているようで恥ずかしい。

前々から、自分の子供は体の一部だと思っているのだが、いろいろなことがちょこちょこ起きる都度に、それを感じる。かわいいという感覚は前々からないのだが、体の一部なんだとは強く思う。僕にとって子供はそういうものなのだろう。人間いろいろだ。

« 新しく中小企業診断士になられた方に会うと思うこと | トップページ | W-ZERO3を私は捨ててしまうのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

体の一部という感覚わかります。
私は一男一女の母ですが、
女の子を産んだときに、自分の体からぴょこんと分裂したような、分身のような感覚を覚えました。
娘は6歳になりますが、今でも、手をつないだときとか、じっと見る機会とかあると、そういう不思議な感覚を感じます。
父親は、息子の方にそういう感じを持っているみたいです。

## Lucinaさん

 コメント感謝です。僕の場合には、娘も息子も両方とも同じような感じを持っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しく中小企業診断士になられた方に会うと思うこと | トップページ | W-ZERO3を私は捨ててしまうのか »

最近のトラックバック