« ウィルスバスターに変更してみた | トップページ | 結果、R6 »

2007/05/03

インソーシングという言葉には意味が2つ?

実は、トイレにはいるとき、この本を片手に入っておりまして、ついつい長いトイレになっております。それはさておき、、、

このフラット化する世界の中で出てくる、「インソーシング」という言葉と、私が他で聞いたインソーシングという言葉の意味が微妙に違うので、ちょっと注目しています。

フラット化する世界では、私の解釈では、

アウトソーシング先の企業が、アウトソーシングを出している企業の内部に入り込んで(インソース)、あたかもその企業の従業員のように業務を行うようなアウトソーシングの一形態

という風に読めます。一方、私がこれまで聞いてきたインソーシングという言葉は、
アウトソーシングをこれまでしていた業務を競争力維持のため等の判断で、逆に自社内に取り込み直す(インソーシング)という、アウトソーシングとは逆の流れ

という風に解釈されました。

どちらもそういう定義で使っているといわれれば、それまでですが、使うときには気をつけないといけないですね。前々から、こうした英語表記もの(ソリューションとか)にはあいまいさがどうしても残ると思っています。なかなか難しいので、日々気をつけるようにはしていますが、それでもなお、誤解が生まれてしまうように思います。注意注意。

« ウィルスバスターに変更してみた | トップページ | 結果、R6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/14934059

この記事へのトラックバック一覧です: インソーシングという言葉には意味が2つ?:

« ウィルスバスターに変更してみた | トップページ | 結果、R6 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ