« ソケイヘルニアの手術 | トップページ | 常葉菊川の単純化戦略 »

2007/04/02

術後の経過1

一般的には、術後に3~4日、長い人は1週間くらい入院をするらしいです。私の場合には、日帰り手術でしたから、入院はせず、昼に切って、夕方にはタクシーで帰りました。タクシーの振動はきつく、痛みはひどかったことを覚えています。

私の場合、保険適用外でしたが、痛み止めの注射をおなかに差し込んで、2日間ほど継続的に薬を入れるというものをぶら下げました。実際には、それでも痛いです。まあきっと、なかったらもっと激痛なんだろうと思います。

おなかには、術後3~4日は全く力を入れることができず、トイレに起き上がるのも一苦労です。咳やくしゃみなどはもってのほか。4日目くらいに気を抜いて、くしゃみをしてしまったときには、本当に後悔しました。

さて、トイレですが、おなかに力が入らないため、大はもとより、小でさえも手術翌日は一滴も出せませんでした。翌々日の朝になって、なんとか少しだけ痛みをこらえながら出すことができました。しかし、出し始めの痛みは相当なものです。5日目くらいになってやっとこつがわかってきて、痛みを弱めることができるようになりました。

汚いですが、大の方はというと、3日目までは全く出せず、下剤を飲んでなんとか4日目から少し出るようになりました。正直、こわいので、食事の量も食べられないのです。痛みで座って食べられませんから、横になっておにぎりをほおばったりするだけです。本当に苦しい毎日でした。

5日目以降、だんだんと便通も整ってきたのですが、今度はガスがたまっているのか、おなかが異常に張り、その張った感じで傷口を内部から押すという感じになりました。そのため、これまでとは違った痛みが発生。これも困りました。抜糸の際に、先生にそれを主張しましたが、傷口にも問題がないし、張り方もそう強いものではないので、安心するようにとの指示。でも本当にいたかったのです。

また、思い出したら、別のことも書きましょう。

« ソケイヘルニアの手術 | トップページ | 常葉菊川の単純化戦略 »

病気-ソケイヘルニア」カテゴリの記事

コメント

術後がこんなに痛いものなんですねぇ。
想像しただけで体の力が抜けてしまいました。

## Lucinaさん

コメント感謝です。仕事仲間の女性で、帝王切開をした人がいまして(うちの母親もそうだったらしい)、やっぱり傷口はすごい痛かったという話でした。女性は本当にそういう意味では大変ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソケイヘルニアの手術 | トップページ | 常葉菊川の単純化戦略 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ