« 日本語は難しい | トップページ | HBRに助けられる »

2007/02/12

大槻ケンジの先見性(もちろん、偶然でしょう)

今日ちょっとたまたま、パソコンで音楽を聴いていたら、筋肉少女隊が流れてきました。

「日本印度化計画」

です。著作権の問題で歌詞はかけませんが、うーん、今の日本に必要なのはインドのような国を挙げての教育制度ではないかと思ったりすると、このタイトルは先見性のあるタイトルのように見えますねぇ。実際には、そんな瑕疵ではないわけですがね。

それから、もう一曲、「これでいいのだ」という曲のはじめには、小泉首相が国会で言った「人生いろいろ」というのが出てきます。うーん、これも偶然なのだろうか。

きっとなんとかの大予言って、こういう風に誤解されていったんじゃないかなぁと余計なことまで考えてみました。ゴミでした。

« 日本語は難しい | トップページ | HBRに助けられる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

筋肉少女隊、懐かしいですね。初めて聴いたのは確か「きのこパワー」だったと思いますが、当時はどちらが曲のタイトルでどちらがバンド名だかわからなかったほどでした。「高木ブー伝説」も印象に残っています。でも確か、「大槻ケンヂ」ですよね。

## bourbonさん

そうそう、ケンヂでした。高木ブー伝説良かったなぁ。

大槻ケンヂ、うちの夫が大好きです(笑)子供の前で聴くのはやめて欲しいのですが、まぁ面白いです。「いくじなし」(かなり長い曲)を初めて聴いたときは感動しました。

## mikiさん

 その曲は知らないなぁ。僕はコアなファンではありません(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本語は難しい | トップページ | HBRに助けられる »

最近のトラックバック