« 12番:佐藤博樹さん | トップページ | またもやトラックバックスパム »

2007/02/09

太陽電池、広がっているようですね

アメリカのニュースで太陽電池の市場シェアが出ていたのを見ました。シャープは強いですねぇ。他にも京セラや三洋電機、三菱など日本のメーカーがたくさん出ていました。その割には、日本ではいまいち普及していないような気もします。だって、自分の家の回りであまり見ないですもの(自分の家の回りが特殊なのか?)

以前、会社に勤めていたとき、真剣に会社の壁に全部太陽電池を貼ったら、すごい効果があるんじゃないかと思っていました。実際、何でも書いて良い社内掲示板にその話を書いたこともありましたが、行動には移せませんでした。

でも、今なら結構受け入れやすいような気もします。かなりの設備投資を伴うので、そう簡単ではないのかもしれませんが、宣伝効果も大きいですよね。ただ、僕が勤めていた会社はあまり太陽電池は強くなかったようですがね。

« 12番:佐藤博樹さん | トップページ | またもやトラックバックスパム »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

うちは東南角で目立つ場所に建っているんで、「太陽電池をつけさせてくれ」というセールスが多いです。
しかし、「太陽電池は製造から廃棄までの環境負荷が大きく、節約効果を勘案しても環境に優しいものではない」、「オール電化で設計していない家にあとから太陽電池だけを取り付けても十分な効果は発揮できない」「ここの日照時間から見て、仙台市基準のカタログ性能は発揮できない」と説明すると、みんな「ごめんなさい」と言って帰ってゆきます。

「地球に優しい」をうたい文句にしながら、実は優しくない製品なので難しいところですね。

## kseinoさん

コメント感謝です。ライフサイクル内での環境負荷については、おっしゃるようなところもありますが、これからエネルギー需要がまだ増えそうな時代に化石燃料を使い続けることに難しさを感じるところもあります。

難しい問題です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12番:佐藤博樹さん | トップページ | またもやトラックバックスパム »

最近のトラックバック