« 子供を治療しない親がいる | トップページ | トラックバックスパムもどき »

2007/01/30

ネット上、安全なところにいる人たち

新聞記事で見たのですが、ネット利用者の3割の人は、インターネット上でのトラブルの経験がないそうです。記事では、当然、「ネット利用者の7割が被害を被っている」という見出しですが、私は逆側に注目してしまいました。

3割の人は迷惑メールを受信しtり、ウィルスの影響を受けていなかったりするわけです。これはすごいことだなと思いました。まだ、ネット上でも安全な場所があるんだなと改めて感心しました。が、本当にそんなところはあるのでしょうか。

本当は、気づいていないだけなのではないかと思ったりするのは僕だけでしょうか。もちろん、メールアドレスを不特定多数には公開しないようにして、うまく逃げる方法は少なからずあるとは思いますが、全く経験がないというのも考え物です。もしかしたら、まだネットを初めて間もないか、意識そのものが低いかという人がその3割には含まれているようにも思います。

もちろん、本当の意味でそういう人たち(ネット上の安全な場所にいる人たち)が増えて、ネットが安全に使えるものになれば、それに超したことはありません。

« 子供を治療しない親がいる | トップページ | トラックバックスパムもどき »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!oratakiです。
私の連れ合いはスパムなど一切きていないとうそぶいていますが、一病息災ではないですかね。少しは慣れておいたほうがいいですよね。無菌室育ちだと弱くなっちゃいます。

## oratakiさん

 一病息災か、確かにそうかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供を治療しない親がいる | トップページ | トラックバックスパムもどき »

最近のトラックバック