« 久しぶりに家族サービス | トップページ | ワンセグチューナーは品薄らしい »

2006/12/03

SNSはアメリカでは鈍化しているらしい

アメリカではSNSの会員数の伸びが鈍化しているという話を聞いてきた。もちろん、鵜呑みにはできないのではあるが、それでもなお、「まあ、絶対的にずっと伸びるわけではないのだから」とも思う。

その話によると、会員数の伸びが鈍化しているのはいくつかの理由があるらしい。

ひとつは、もちろん、市場の伸び自体が鈍化していることのようだ。これはいずれ飽和するのであるから、その踊り場に来ていると考えれば、自然に受け入れられる。

もうひとつは、個人情報の流出事件のようである。SNSは完全な実名性ではないのものもあるが、それでもなお、個人情報が流出するのはあまり気持ちの良いものではない。信用を失えば、顧客が流出するのはSNSに限ったことではないだろう。また、SNS全体の信用にも関わる可能性は否定できない。

そして、詐欺である。実名性が完全に確保できない場合(仮にできてもそれをかいくぐる奴がいる限り)、結局は詐欺が起こる。実社会でも起きるのだから、相手が見えにくいバーチャルな世界ではなおさらだ。

こうした状況からSNSに広告を出していた企業が降りるなんていう事態も起こっているらしい。対岸の火事ではなく、日本のSNS業者様もきっちりお願いしたいところである。

« 久しぶりに家族サービス | トップページ | ワンセグチューナーは品薄らしい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 日本でも最近、数々の個人情報晒しの情報源になったことから、mixiの使い方説明の記述が変更されたりしていますね。
 実名と変名と匿名、クローズドとオープンなどなど、メディアとしてのネット利用が一般に定着するまでには、もうひと山ふた山のカルチャーショックと規範の確立が必要のように感じますね。

## ユージさん
 いつもコメントありがとうございます。パソコン通信がそうであったように、SNSも同じような道をたどるのでしょうかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/12918099

この記事へのトラックバック一覧です: SNSはアメリカでは鈍化しているらしい:

« 久しぶりに家族サービス | トップページ | ワンセグチューナーは品薄らしい »

最近のトラックバック