« 信号機を半分にする | トップページ | データセンターの利用度、高まっているらしい »

2006/09/05

音楽プロデューサーとコンサルタント

大学生のころから、音楽を聞くときはだれがプロデューサーかが気になっていた。なぜなら、彼らはそのアーティストや歌手の良いところを引き出す努力をする人たちだからである。それが正しいプロデューサーなら。同じ意味でコンサルタントという職種に僕は興味を持ったのかもしれない。

ただ、自分の価値観を押し付けてしまうような音楽プロデューサーは好きになれない。ヒットメーカーといわれる人たちは、そういう傾向が強い感じがする。

ちなみに僕が好きなプロデューサーは、ラルクの岡野ハジメやミスチルの小林武史などである。

笑顔でありがとうといってもらえるコンサルタントを目指す僕にとって、相手の良いところを引き出すことはとても難しく、またやりがいがあり、やるべき仕事である。なんだか、こじつけっぽいが、大学のころからそういう傾向があったのかなと思う、今日この頃である。

« 信号機を半分にする | トップページ | データセンターの利用度、高まっているらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/11738330

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽プロデューサーとコンサルタント:

» 音楽プロデューサー [ブログで情報収集!Blog-Headline/job]
「音楽プロデューサー」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜ... [続きを読む]

« 信号機を半分にする | トップページ | データセンターの利用度、高まっているらしい »

最近のトラックバック