« 負け惜しみ、といわれればそうです | トップページ | リレバンにもつながる?実務従事 »

2006/09/22

銀座のお店は接客がすごい

やっぱり、銀座にあるお店は接客が違いますね。先日、銀座のITOYAへちょっと買い物へ。愛用の安物赤ペンのリフィルが欲しくて、銀座に行ったついでに寄りました。ところが、混んでいるし、リフィルなどの安物は店の真ん中にはないですから、探し当てるのに一苦労。

仕方なく、店員さんを呼び止めて、場所を聞くことに。

「ペンをお借りできますか? ありがとうございます。しばらくお待ちください。」

といって、倉庫にでも見に行くのかと思いきや、歩いて15,6歩のところにある棚に店員さんは向かう。

私もそれに気づいたので、歩み寄ると、その棚にはリフィルがいっぱい。その中からその店員さん、一生懸命僕の安物ペンに合うものを探している。ありがたい。普通の大きな文房具屋さんなら、「あそこです」と指を指されるだけでしょう。さすが銀座です。

しかし、安物ペンのリフィルは1本80円。店員さん、「何本ご必要ですか」って聞くなよ。一本って言えなくなるじゃないですか。5本買ってしまった私でした。

« 負け惜しみ、といわれればそうです | トップページ | リレバンにもつながる?実務従事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 接客の神髄ここにアリ、ですな。

こんにちは!oratakiです。
最近ずうずうしく1個買いする私ですが、ITOYAだとねぇ。私なら3本かな。

## ユージさん
 全くです。

## oratakiさん
 この2本の差はなんだろうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/11954654

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座のお店は接客がすごい:

« 負け惜しみ、といわれればそうです | トップページ | リレバンにもつながる?実務従事 »

最近のトラックバック