« いろんな虫がいるものです | トップページ | 関係先が買収される »

2006/09/19

どうやったらわかるのだろうか、128億8千万光年前

なんだか、128億8千万光年離れた銀河が見つかったそうである。国立天文台のウェブページにその内容が載っています。どうしてそんな前の光なんだということがわかるのかなぁと純粋に疑問に思いました。なんだか、赤方偏移とか、ライマンα輝線とかよくわからない光のようなもので観測するみたいです。

うーん、私の知らない世界です。ただ、こういう話を聞くと、なんだかロマンとかを通り越してしまう世界だなぁと単純に感じてしまいます。

あとちょっと思ったのは、宇宙の成長過程を理解すると、いったい、何が理解できるのかということです。歴史は繰り返されるということが理解できるのかなぁ。難しい。

« いろんな虫がいるものです | トップページ | 関係先が買収される »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。うちの長女は宇宙に興味があるらしく、よく宇宙の本を読んでいます。私も一緒に読んでいるのですが、宇宙の果てのことを考えると広すぎてクラクラしてきます(笑)
宇宙の成長過程のことを理解すると、これから地球は、宇宙は、どうなっていくかが分かるのではないかと。ちょっと怖い気もします。

## mikiさん
 コメントいつもありがとうございます。宇宙には果てなんてないと思いますよ、きっと。この世の中に果てのないもの、1つくらい合っても良いでしょう(^^)

 宇宙に果てがあるのではなくて、「我々が認識できる(可能性がある)宇宙」に果てがあるというだけですよね。
 随分昔、アイザック・アシモフが読者からの「宇宙に果てがあるのなら、その外側は何なんですか?」という質問に対して、「宇宙の外側は『非宇宙』です。そうとしか言えません」と答えていたのを読んだことがあります。実は私、小学生の時に同じ質問を塾の先生にして、満足な答えをもらえなかった経験があるんですよね。さすがアシモフは一味違う、ということで印象に残ってます。

## ユージさん
 なるほどねぇ。きっとその先生、困った生徒だなぁと思ったでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/11894738

この記事へのトラックバック一覧です: どうやったらわかるのだろうか、128億8千万光年前:

« いろんな虫がいるものです | トップページ | 関係先が買収される »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ