« 企業の存在価値はサービスにあるのか | トップページ | 東商品川でセミナー講師をします »

2006/08/10

WebTVとネットTVって、何が違う?

と、質問されました。数年前、WebTVというのがありました。最近はネットTVというのがあります。ウェブとネットって、かなり近い概念だと思えるので、何が違うのかがよくわかっていませんという質問を受けたのです。実際、どうなんでしょうか。

ここからは個人的認識です。情報がある方はぜひ教えてください。

WebTVというのは、テレビという機械をプラットフォームとして、ウェブサイト、つまりインターネットを活用するというものと考えています。だから、電話代がかかっていた時代にはあまり普及するような感じもなかったし、また同時にリモコンによる操作というのがわずらわしいというところがあったのでしょう。

一方、ネットTVというのは、インターネット回線を使ってテレビを見るというものです。プラットフォームはネットに接続できるテレビかもしれませんが、別にそれに固執する必要もあります。つまり、パソコンでもいいわけです。また、ネットTVはさらに、電子メールの送受信やニュースの配信、双方向性(通信販売など)も確保しようとしている点は違っています。

プラットフォームがテレビである場合、結局のところ、リモコンでの操作になりそうなので、使い勝手がどうかというのは課題として残りそうな感じがします。

家電メーカーがネットTVの規格を統一しようと動いているようですが、個人的にはどんなユーザーインターフェースを考えるのかに興味があります。地上デジタルとネットの連携、もしかしたら融合?というバックボーンはわかりますが、そういったバックボーン技術だけではなく、ぜひ、コンテンツの課題やユーザーインターフェースの部分にも工夫を凝らしてもらいたいものだと考えます。

« 企業の存在価値はサービスにあるのか | トップページ | 東商品川でセミナー講師をします »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/11333468

この記事へのトラックバック一覧です: WebTVとネットTVって、何が違う?:

« 企業の存在価値はサービスにあるのか | トップページ | 東商品川でセミナー講師をします »

最近のトラックバック