« 東商品川でセミナー講師をします | トップページ | LPOはNPOの友達ではありません »

2006/08/12

クラッカーはもはや愉快犯ではない

クラッカーというと(日本ではまだハッカーとクラッカーが同じものとして取り扱われているのは残念)、どうしても愉快犯であるという感じがある。しかし、いまやもう愉快犯だけではすまなくなってきているようである。

要は、注目されれば良いというところを抜け出して、何か違うもの、そうお金を求める傾向が出てきているようなのである。実際にはずいぶん前からそういう傾向があったようなのであるが、だんだんとその傾向が強まっていて、無視できない状態になってきたようなのである。

なせそう思うかと言うと、新聞などでの記事や周囲の話などを聞くと、そういう話が増えてきているのだ。大体、こういったものは、ぱらぱらと聞こえている時にはまだまだだなぁと思うのであるが、3ヶ月に1回だったのが、月に1回とか、月に2回とかになってくると、これはまずいぞと感じるものである。

まあ、多くは詐欺まがいのものなのであるが、それでもそういう手法で吸い上げられたお金が出回っているのかと思うとちょっと残念である。フィッシングに代表されるようなものだけではなく、ネット上での押し売りや、クラッキング情報を販売するなど、手はいろいろらしいが、こうしたことはまだまだ犯罪として取り締まれるような法律がないのかなと思ってしまう。

こうなってくると、やっぱり、「コンプライアンス」ではなく、「仁」とか、「徳」とかいうものを教えた方が良いんじゃないだろうかと思うのは僕だけか。

« 東商品川でセミナー講師をします | トップページ | LPOはNPOの友達ではありません »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/11370388

この記事へのトラックバック一覧です: クラッカーはもはや愉快犯ではない:

« 東商品川でセミナー講師をします | トップページ | LPOはNPOの友達ではありません »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ