« ココログ、さくさく感がありますね | トップページ | Newtonで日本の歴史を学ぶ »

2006/07/18

副指導員、無事終了しました

中小企業診断士になるためには、1次試験、2次試験を合格した後、実務補習というのを15日間、受けなければなりません。または、1次試験合格後、中小企業大学校で半年間学ばなければなりません。

ほとんどの人は、2次試験をがんばって突破して、この実務補習というのを受けます。この実務補習には、中小企業診断士としてコンサルタント業(独立開業)をして、5年以上の経験を持つ、指導員という先生がつきます。この先生について、実務をいわば体験して、晴れて中小企業診断士になるということになります。

実は、今年から、これに「副指導員」という制度ができました。

副指導員は、独立して3年程度か、専門的知識を持っており、独立開業を予定している人の中から、推薦を受けて、晴れて指導員とともに、実務補習の支援ができます(条件はもっと厳密です)。私、このたび、ありがたいことにこの副指導員をさせていただきました。

ある商店街の実務補習を支援したのですが、本当に指導員の先生は大変だということを実感しました。なにせ、

 ・診断先
 ・中小企業診断協会(後ろには中小企業庁)
 ・実務補習を受けている受講生

の3者をケアしなければならないのですから。おまけに、役所に提出する資料は役所に提出する資料としてしっかりしたものを作らなければなりませんし、一方で、診断先には役所に提出する資料では役に立たない部分もあります。はたまた、受講生には経験がない方もいらっしゃるわけですから、本当に大変です。

私もどうようの実習を7年少し前に受けたわけですが、本当にこれは大変な仕事だなと改めて思いました。私の場合には、副指導員ということで、指導員の先生ほどは大変ではないわけですが、心してかかったつもりです。またひとつ、良い経験をさせていただきました。ご協力いただいた方々、ありがとうございました。

« ココログ、さくさく感がありますね | トップページ | Newtonで日本の歴史を学ぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

副指導員お疲れ様でした。
私は指導員の立場で7月の実務補習を終えました。
来年は指導員ですか?(^^)。

## 水谷さん お疲れ様です。来年はまだ指導員はできません。条件に合致していませんので。やるとすれば、もう一度、副指導員です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/10984639

この記事へのトラックバック一覧です: 副指導員、無事終了しました:

» 実務補習 終わったぁぁぁ [つれづれなるままに]
 制度が変わって、15日間で3企業を診断するということで7月の実務補習が終了しました。  受診企業は私の顧客です。実習生のみなさんにはちょっと大変でしたが、今日の診断報告会では社長さんをはじめ、診断先企業の経営幹部のみなさんからは好評を得たようで一安心です。  ただ、今年からの実務補習、大変です。なんでこんな風にしたんでしょうかねぇ。小委員会のメンバーはなにもわかっていないですね。「事件は会議室で�... [続きを読む]

« ココログ、さくさく感がありますね | トップページ | Newtonで日本の歴史を学ぶ »

最近のトラックバック