« 無償のBIツールは難しそう | トップページ | データベース、オラクルが相変わらず一位のようです »

2006/06/26

金属製のICタグとは、発想が面白い

ICタグは金属に弱い(無線が透過しにくい)ということで、「オンメタルタグ」(金属の上でも配置できるICタグ)という言葉があるくらいなのだ。しかし、熱や衝撃に強くするために、思い切って金属の中に入れてしまおうという発想がいい。

日立情報システムズが開発したようですが、ICチップをステンレスで覆ってしまったんだそうです。工具なんかにも取り付けることを想定しているようですね。金型の管理などにも使えるでしょうね。

一応、IT系コンサルタントの端くれとしては、こういう製品がでると品質はもとより、やはりコストが気になります。1万個作ると500万円だそうです。つまり、1個500円。費用対効果がどのくらいあるのかが、焦点になりそうですね。使い道をいろいろ考えて、効果が十分出そうなモノへの採用がきっと必要でしょう。

« 無償のBIツールは難しそう | トップページ | データベース、オラクルが相変わらず一位のようです »

製品・サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/10672728

この記事へのトラックバック一覧です: 金属製のICタグとは、発想が面白い:

« 無償のBIツールは難しそう | トップページ | データベース、オラクルが相変わらず一位のようです »

最近のトラックバック