« 国家の品格は、難しい | トップページ | 研修講師は診断士の仕事ではない? »

2006/05/27

定年の廃止は既定路線でしょうか

定年の廃止は既定路線でしょうか。日本マクドナルドが定年制を廃止したそうです。おっと、orataki氏も注目のようだ。

ただし、定年制の廃止がそのまま、雇用の延長、労働者側から見た安定の確保につながらないという点は気をつけたいところかな。企業側だって、全員を雇用しておくわけには行かないであろうから、やはり一定の枠組みの中で不要と思われる人材については、定年とは別の形で流動化させる必要が出てくると思うからです。

そうなってくると、定年がどうこうではなく、社会全体の雇用状態が流動化するのがこれによっていっそう促進されそうな気がします。定年廃止が既定路線となって、その流れで一気に雇用の流動化が進みそうな感じを受けますが、これは考え過ぎかな。当然、企業ごとに対応が変わってしかるべきですしね。

« 国家の品格は、難しい | トップページ | 研修講師は診断士の仕事ではない? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!oratakiです。
トラックバックありがとうございます。
>その流れで一気に雇用の流動化が進みそうな感じを受けますが

これは同感。企業だってお人よしではないですから定年前に去っていただく方とずっと居続けていただく方とを峻別するでしょうね。結果、流動化は必至という構図になると思います。

## oratakiさん お人よしの企業にもがんばって欲しいという気持ちはなくもないんですがね(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/10244915

この記事へのトラックバック一覧です: 定年の廃止は既定路線でしょうか:

« 国家の品格は、難しい | トップページ | 研修講師は診断士の仕事ではない? »

最近のトラックバック