« 大ストレージと小端末 | トップページ | 商店街の商品券は、客を呼び込めるか »

2006/05/31

日本のサーバーの出荷は増えている

IDCジャパンさんによると、国内のサーバー市場は10%増えたそうです。でも他の日の日経を見たら、国際的には頭打ちというような記事も踊っていました。

国内で好調なのは、パソコンサーバーのようですが、通信関係の企業ががんがん買っているようです。で、中小企業はというと、そんなに買っているように感じられません。

でも一方で、NECさんあたりは、中小企業向けのシステム構築部隊を増強したりもしています。これから営業をかけて、増やしていこうということなのでしょうか。

その要因として考えられるのは、

  • 日本版SOX法の盛り上がり
  • 大企業・中堅企業のERP市場一巡
  • 新会社法の施行
などでしょうか。特に、新会社法については、中小でもなんでも財務諸表を何らかの形で公表しなければならなくなっている(私も勉強中)ようですから、厄介といえばそうです。

中小企業がサーバーを導入するにしても、経営に役立つような形で入れてもらいたいと思ってます。

« 大ストレージと小端末 | トップページ | 商店街の商品券は、客を呼び込めるか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/10288323

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のサーバーの出荷は増えている:

« 大ストレージと小端末 | トップページ | 商店街の商品券は、客を呼び込めるか »

最近のトラックバック