« 中心市街地活性化への役割 | トップページ | 定年の廃止は既定路線でしょうか »

2006/05/26

国家の品格は、難しい

国家の品格をやっと読みました。周囲の人たちはすっかり読んでいるようでしたので、周回遅れです。ですから、感想とかも変ですが、気になったところを少しだけ。

いきなり参ったなぁと思ったのは、「論理がだめだということを論理で否定する」というやり方です。自己矛盾とまではいいませんが、やっぱりちょっと変だなあとは思いました。でも「論理だけでは世の中はだめなんだ」ということには共感ができるように思います。論理的ではなく、感情的に。

それから、「論理的に正しければ、それは善であるというのは間違い」というのにも共感できました。善と悪というのは違う次元にあるというのはわかります。じゃあ、裁判はどうなるんだというご意見もあるかもしれませんが、そこは難しいなぁ。

最後に、ちょっと怖かったのは、「エリートが必要である」という部分です。きちんと読まないと、危険な方へいくと思うのです。これは、気をつけたいなと思いました。

« 中心市街地活性化への役割 | トップページ | 定年の廃止は既定路線でしょうか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/10233781

この記事へのトラックバック一覧です: 国家の品格は、難しい:

« 中心市街地活性化への役割 | トップページ | 定年の廃止は既定路線でしょうか »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ