« お酒のブログ | トップページ | すみません、家族ねたです »

2006/04/23

落書きの理由がよくわからない

熊野古道というところがある。世界遺産に登録されたそうである。しかし、落書きがその古道沿いの木にされているんだそうである。

落書きをしているのは古道が通る土地を持っている地権者の人々だそうです。いくつか記事を読んでみましたが、私には落書きの理由が良くわかっていません。

でも思うに、地権者の方々が使う生活道路、それも地権者がもっている土地そのものを世界遺産として登録してしまい、なんだか権利そのものを取り上げられるんじゃないかという不安が感じられます。

僕ははじめ、この関係の記事をチラッと見た時、「また、わけのわからない頭のおかしいやつが世界遺産に落書きをしやがった。日本の恥だ。」と思いました。でも実際は違うようです。

しかしながら、落書き自体はあまり誉められたものではなく、また抗議の仕方も他の方法があるでしょう。おまけに私のように誤解をする人間も出てくるのではないかと思うと、やっぱり残念です。

行政とのボタンの掛け違いで済まされるようなことではないようにも思いますが、他人の考え方、一種、異文化の受入姿勢のようなものに繋がっていくような気もしています。いろいろな考えがあり、それらを受入ながらお互いの考え方の接点を探っていくという作業は難しいと改めて考えさせられる出来事です。

関連記事:下記のものを追加で読んでみています。記事を書いた方々、ご苦労様です。読ませていただき、ありがとうございます。
http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000150511280001
http://blog.livedoor.jp/maple358jp/archives/15671140.html

« お酒のブログ | トップページ | すみません、家族ねたです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/9719917

この記事へのトラックバック一覧です: 落書きの理由がよくわからない:

« お酒のブログ | トップページ | すみません、家族ねたです »

最近のトラックバック