« 迷惑メールの通報しました | トップページ | うなぎ 坂東太郎 »

2006/04/12

四季桜 貴酒再び

2006_04_12_shikizakura四季桜の貴酒を再び味わいました。出来が良いという触れ込みどおり、いい感じに仕上がっていました。以前のイメージそのままです。

比較対照として、いつもの澤乃井の特別純米。呑み比べてみて、ちょっと似た感じに思えました。アルコール度数が高い分だけ、四季桜の方が強く感じるものの、残り香などは似た感じ。四季桜は吟醸の本醸造、澤乃井は純米酒。なぜ似ているのだろうか。まだまだ、私の舌がきちんとしていないということだな。

« 迷惑メールの通報しました | トップページ | うなぎ 坂東太郎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アル添したからって、そんなに違うものなんでしょうか?
自然派の私の部下は絶対分かると言い張っていましたが、
私はその他の醸造条件の影響の方が大きいような気がします。

コメント感謝です。確かに、アル添の量が少なければ、そんなに変わらないのでしょう。夏子の酒の主人公でもないとわからないのかもしれません。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/9547209

この記事へのトラックバック一覧です: 四季桜 貴酒再び:

« 迷惑メールの通報しました | トップページ | うなぎ 坂東太郎 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ