« おいおい当たったよ | トップページ | 目標管理の導入 »

2006/03/22

中小企業の研修

2006_03_22_kenshu大企業では多くの企業がレベル別の研修カリキュラムというのを用意しているものである。新入社員研修から始まり、中堅者教育、中間管理職の研修、幹部候補の研修、そして取締役になる前の研修など、レベルによって要求されるものも変わってくる。業務の内容や必要なスキルセットが変わるのであるから当然である。

しかし、中小企業ではそうも行かない。まず、企画自体ができない。それに、お金だってない。単発で、かつ単独で研修をするほど人数もいないということもある。なかなか難しい。

そうなると、選択肢としては、商工会や商工会議所の行うセミナーに行ったり、その他の研修会社が行うものに行ったりということになる。実は、これも曲者である。一般論でしか語れられない(セミナー講師も一般論しかできない)ため、効果が薄いように感じられてしまうのである。

こういう点から、私たち診断士などが似たような業種の中小企業を集めるなどして、研修を行うことがニーズとしてあるのではないかと私は思ったりする。しかし、ここにも落とし穴がある。人が集められないのである。

集め方が悪いというのもあるのだが、それとは別に、中小企業側にも研修に出したいが、結局、お金や時間の問題になり、出すことができないでいるということもあるのである。

正直、難しい問題ではある。ただ、個人的には今後、これを課題としてとらえて解決していく方法を探している。自分のこれまでのクライアントに対して、何かできないものだろうかと。もっとよく考えてみる。

« おいおい当たったよ | トップページ | 目標管理の導入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。確かに悩ましい話ですね。
通信教育などで時間に縛られずに知識を磨くという手もありますが、やはり他者とのかかわりのなかで得られる気づきは大きいです。
ニーズはありそうなんですけどね・・・

## mikiさん コメント感謝です。ニーズあると思うんですが、調べたわけではないので。。。ちょっと営業でもしてみますか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/9204161

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業の研修:

« おいおい当たったよ | トップページ | 目標管理の導入 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ