« 税務申告終わりました | トップページ | 月の輝き »

2006/02/22

そういうモデルもあったか

ネット通販のためのバーチャルモールでは、出店する店から出店費用を取るというのがそのビジネスモデルの収益源であるのが普通だろう。けど、出店費用は要らないというところがあった。そういうビジネスモデルもあったか。

で、何で儲けるのかというと、そのバーチャルモールが商社(卸売業者)になってしまうというのだ。そして、商品の中間マージンを取るということだ。情報の更新なども代行するそうで、負荷が割けない中小にはありがたい設定ではある。

ただ、疑問がある。そのバーチャルモールの商社機能の良し悪しで、バーチャルモールの強さが決まってしまうことである。限られた商品だけしか扱えないようなことになるのであれば、とっても困る。確かに、バーチャルモールは商品、商店が多すぎて困るというデメリットもあるが、それを楽しんでいる節のある消費者もいる。まあ、それはこちらの選択ということになるのか。

出店する際には、そのあたり、リスクとして負ってマネジメントが必要そうです。

« 税務申告終わりました | トップページ | 月の輝き »

製品・サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/8779615

この記事へのトラックバック一覧です: そういうモデルもあったか:

« 税務申告終わりました | トップページ | 月の輝き »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ