« クレクレ君 | トップページ | ジンギスカンのジンギスカン »

2006/02/01

キャノンのインク特許

私は弁理士ではないので、特許に詳しいかといわれれば、もちろんそんなことはない。しかし、診断士としてはこうした特許や商標の基本的知識は少しぐらいは持っていると思う。

以前から争われていたキャノンのインクカートリッジへのインク再充填の特許訴訟だが、知財高裁がキャノン勝訴の判決を下したことで、また新たな局面を迎えたようである。キャノンは特許に強いといわれているが、まさにそれを形にしたということだろうか。

訴えられている側はこのリサイクルカートリッジを主要な収入源としているようなので、この判決は厳しいだろう。キャノンから魅力的な和解提案でもない限り、もしくは自分から和解提案をしない限りは、高い訴訟費用とリスクを抱えたままの事業運営になりそうである。キャノンへ支払う特許料がどのくらいコストに跳ね返るのかが問題だろうと思う。

一方、消費者である(私はキャノンは使っていないが)私たちから見ると、インクのコストは馬鹿にならない。本体は安売りでかなり安く購入できるようになったが、インクの方はさっぱりである。そうなるとリサイクル品に手が出る。レーザープリンタのカートリッジなどもしかりである。法律というのはかくも無慈悲なものか、よく言われることであるが。

しかしながら、アイデアに金を払わないとなると、誰も新しいものを作ろうという気がなくなってしまう可能性も高い。これからの時代、こういったところへの意識改革も必要そうである。

« クレクレ君 | トップページ | ジンギスカンのジンギスカン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!oratakiです。
このネタ、扱おうと思っていましたがKaitsさんに先行されちゃいましたね。
環境保護の問題もあるからどうかなとも思ってましたがキャノンもリサイクルしてるっていうんでカバーされてるのかな。でもリサイクル品は割安にしてもらわないとね。純正リサイクル品というのは見たことがないですね。

## oratakiさん 記事、書いてトラックバック張り合いましょう(^^)

こんにちは!oratakiです。
キャノンはカートリッジとしてはリサイクルしていないようですね。認識違いでした。
ま、カートリッジの技術料は私たちが払っているのでインクのセルフ充填で償却しようと思います。

## oratakiさん そうでしたか。いずれ、トラックバックをお待ちしております(爆)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/8446271

この記事へのトラックバック一覧です: キャノンのインク特許:

» プリンターインクのカートリッジ訴訟 キャノン逆転勝訴 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「プリンターインクのカートリッジ訴訟 キャノン逆転勝訴」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読... [続きを読む]

« クレクレ君 | トップページ | ジンギスカンのジンギスカン »

最近のトラックバック